読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android Studioでアプリ開発!

Androidアプリ開発初心者の備忘録です。

Android Studioでエミュレータを高速化する方法

エミュレータが遅い!

Android Studioでエミュレータを作成する - Android Studioでアプリ開発! で、エミュレータを作成して HelloWorld プロジェクトを実行させました。無事に動作確認できたのですが、エミュレータの起動や動作が遅いのが気になりました。これからエミュレータを使用するたびにこの待ち時間が発生するかと思うと気が重いし、作業効率が悪くなります。
これを改善できないかと調べてみたところ、エミュレータを高速化する方法があったので紹介したいと思います。

x86システムイメージをインストールして、Intel HAXMをダウンロードする

SDK Managerを起動します。ツールバーにボタンがあります。
f:id:jolene:20140721113951p:plain

メニューの [ツール] - [Android] - [SDK Manager] からも起動することができます。
f:id:jolene:20140721114006p:plain

SDK一覧が表示されます。エミュレータの高速化に必要なのは、各Android OSの[Intel x86 System Image] と一番下の [Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM) installer] です。
僕の場合は、Android LとAndroid 4.4.2のシステムイメージをインストールしています。必要に応じて選択してください。
チェックボックスにチェックを入れ、右下の [Install packages...] をクリックします。
f:id:jolene:20140721114015p:plain

インストール確認画面が表示されます。(このスクリーンショットは手順説明のためのものですので、インストール項目は異なっています)
f:id:jolene:20140721114026p:plain

インストールする項目を選択し、[Accept] をクリックすることでインストール対象となります。全ての項目を Accept した上で、[Install] ボタンをクリックします。
f:id:jolene:20140721114033p:plain

これで、各Android OSのx86システムイメージがインストールされ、Intel HAXMがダウンロードされました。

Intel HAXMをインストールする

ダウンロードしたIntel HAXMは、Android Studio.app の /sdk/extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager/IntelHAXM_1.0.8.dmg です。
f:id:jolene:20140721115732p:plain

ダブルクリックしてインストールします。途中、メモリサイズを確認されます。僕は2GBを割り当てました。

以上で、エミュレータを高速化する準備が整いました。

高速化用のエミュレータを作成する

準備ができたので高速化用のエミュレータを作成してみます。もちろん既存のエミュレータの設定を変更することも可能です。エミュレータ作成の手順については Android Studioでエミュレータを作成する - Android Studioでアプリ開発! を参考にしてください。
エミュレータを高速化するにあたり、重要な項目を説明します。

[Target:] に先ほどインストールしたシステムイメージがあるAndroid OSのバージョンを選択します。
[CPU/ABI:] に Intel Atom (x86) を選択します。この項目が出てこない場合、選択したAndroid OSのバージョンのシステムイメージがインストールされていないと思われます。SDK Managerでインストールしてください。
[Memory Options:] にIntel HAXMインストール時に指定したメモリサイズ以下を入力します。
[Use Host GPU] にチェックを入れます。
f:id:jolene:20140721121222p:plain

この設定でエミュレータを起動すると、以下のダイアログが表示されます。ここに [HAX is working and emulator...] と出ていれば成功です。
[HAX is not working and...] と表示される場合、インストールに失敗しているか、エミュレータ作成の設定が間違っていると思われます。
f:id:jolene:20140721121234p:plain

まとめ

通常のエミュレータでは動作が遅いので高速化してみました。SDK Managerから必要なデータをダウンロードし、インストールすることで高速化の準備が整いました。高速化する設定を行なったエミュレータを作成することで劇的に動作が軽くなりました。
これで、いつでも気軽にアプリをエミュレータで動作確認させることができ、開発作業に集中することができると思います。

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 増補改訂版

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 増補改訂版

広告を非表示にする