読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android Studioでアプリ開発!

Androidアプリ開発初心者の備忘録です。

Android Studioで assets フォルダのテキストファイルを読み込む

テキストファイルを読み込んでアプリに利用したい

アプリ内でテキストファイルを読み込む方法について説明したいと思います。

完成イメージ

読み込んだテキストファイルの内容を EditText に表示しています。
f:id:jolene:20140724172358p:plain

テキストファイルを準備する

アプリに利用したいテキストファイルを作成します。今回の例ではファイル名を sample.txt とし、内容は下記の通りです。

これは sample.txt の1行目です。
これは2行目です。
そして3行目です。

テキストファイルをプロジェクトの assets フォルダに格納する

main フォルダの下に assets フォルダを作成し、sample.txt を格納します。
f:id:jolene:20140724172719p:plain

プログラムを実装する

getAssets().open() メソッドで assets フォルダの指定したファイルを開いています。

InputStream is = null;
BufferedReader br = null;
String text = "";

try {
    try {
        // assetsフォルダ内の sample.txt をオープンする
        is = this.getAssets().open("sample.txt");
        br = new BufferedReader(new InputStreamReader(is));

        // 1行ずつ読み込み、改行を付加する
        String str;
        while ((str = br.readLine()) != null) {
            text += str + "\n";
        }
    } finally {
        if (is != null) is.close();
        if (br != null) br.close();
    }
} catch (Exception e){
    // エラー発生時の処理
}

// 読み込んだ文字列を EditText に設定し、画面に表示する
EditText editText = (EditText) findViewById(R.id.editText);
editText.setText(text);

まとめ

assets フォルダに格納したテキストファイルを読み込んでアプリで利用してみました。実装するのはそれほど難しくありませんが、応用範囲は広いと思います。

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 増補改訂版

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 増補改訂版

広告を非表示にする